データ形式が差動データ、バイファイズデータ、スクランブルデータ等の時、市販されているエラーカウンタでは容易に測定できないので開発いたしました。
この製品は標準的なものですが、オプション仕様で特殊なデータ形式も可能です。

機能 TTLレベル(CMOS)のPN符号データのBERを測定する。
データ発生(9/15段及びスイッチ設定)を行う。
用途 ディジタル変復調器等のデバッグ時に任意データ(スイッチ設定)でのエラー確認及び
PN符号によるエラーフリー確認、ビットエラーレート(がBER)が容易に行える。
入出力レベル TTL image611
最大測定レート 10MHz
PN符号発生 9/15段の切替
寸法(mm)/電源 200*160*35/AC100V
オーダー AD1035 BER COUNTER(近日発売/\100000以下で提供予定)
PC画面表示
(参考)
image61
PC(DOS-Vパソコン)のパラレルポートに接続し、パラメータの設定及びBERを表示します。
Entry SWで任意データを設定します。